ランウェイ☆ビート×red monkey designs Collaboration Wristwatch/メイ(塚本芽衣)モデル

商品番号:0049001

¥28,600

(税込)
個数

1

お支払い方法
 代金引換  クレジットカード が使用できます。
送料
¥805(税込) 詳しくはこちら
返品区分
  • ※飲食料品(酒類除く)は軽減税率8%、その他商品は標準税率10%を適用し、消費税込みの総額表示を行っています。

番組グッズ&DVD

カテゴリで選ぶ

関連ショップ

オンラインショップ

  • TBSフラワーショップ
  • アニまるっ!

TBSストア

  • TBS STORE
  • TBS STOREブログ

TBSishop モバイル版

スマートフォンでいつでも
簡単にお買い物

<製品仕様>
●文字盤サイズ(約)/直径36mm
●腕周りのサイズ(約)/16.5〜22.3cm(ベルト幅:3.8cm)
●ムーブメント/クォーツ
●素材/ベルト:本革(カウレザー)、金属部分:真鍮、フェイス:アクリル
●防水/生活防水対応
●保証期間/1年
●製造/日本(ベルト:アメリカ、時計本体:中国、ムーブメント:日本)
※革製品のため若干の色合いが変わる場合がございます。

映画『ランウェイ☆ビート』の世界観をレッドモンキー デザインズが表現したハイエンド・レザーウォッチが登場!

ハリウッドスターや有名ギタリストなど数々の有名人が愛用するロス発のレザーブランド「レッドモンキー デザインズ」!彼らのハンドメイドにこだわるスタイルは、映画『ランウェイ☆ビート』で5人の高校生がファッションショーを通じて一つ一つ作り上げていくストーリーと同じもの。
そこで、『ランウェイ☆ビート』の世界観をレッドモンキー デザインズが表現したハイエンド・レザーウォッチが登場!

そのアイテムにあったこだわりのレザーを使用し、最初の見た目にとらわれない無骨で大胆なカッティングはレッドモンキー デザインズのハンドメイドならではの風合いをかもし出します。
ユニセックスサイズの革ベルトはどんなスタイルにも合わせやすく、安心して着用いただけます。
時計本体は難しいとされる盤面の厚みを約2mmまで表現できる特別なケース(時計本体)を使用。それにより凸凹感のあるデザインになっています。

『ランウェイ☆ビート』の象徴的なマークである☆を大胆に盤面へデザイン!
中央の☆とその周りのベゼルは凸で再現しました。
凹部分にはメイをイメージした4個のパーツを配置!
しかも、パーツはムービング(動く)するというこだわり仕様!
まさにランウェイ☆ビートの世界観がいっぱい詰まったデザインです♪

メイをイメージしたホワイトレザーを使用!
盤面の制作は日本の造形作家「日野譲氏」によるもの。
日野氏がアクリルを一つ一つ時間を掛けレーザーでカッティングしました。
細かいパーツも全て日野氏によるハンドメイドです。
裏蓋には『ランウェイ☆ビート』ロゴとコピーライトをレーザーにて刻印!
目立たないところまでこだわったスペシャルなアイテムです。



レッドモンキー デザインズとは


<CONCEPT>
レッドモンキー デザインズは、ROCK SPIRITSを原点にした独特のSTYLEによるLeather accessoriesです。
ロスの工房にて専門の職人たちが仕上げたレザーアイテムは使えば使うほど、年数を重ねるごとに「いい味」が出てくるようにデザインされています。
少しラフに、そして手作り感を意図的に出すことにより、一つ一つ微妙に違う風合いをかもしだします。それは身に付ける貴方に世界にひとつだけのもの」を感じていただけるように作られているからです。
またそこには必ずブランド・ロゴ「赤猿」の刻印を最後に職人の手で打ち込みます。
世界で高い評価を受けていながら大量生産にとらわれずハンドメイドに拘ったレッドモンキー デザインズはこれからも高品質な製品を作るため日々努力し続けております。



<創立者トリー・ペンダーグラス>
「経験の無いことが逆に自分にとって幸運だった」
全くデザインの経験もないクラシックバレー・ダンサー出身のトリーがロスに移ってきたのは1992年。
自分自身の感性だけを頼りにデザインされたクラフトワークの商品がこんな人気を博すとはトリー自身も大いに驚き、興奮した。
西海岸北部出身のトリーは、たまたま試験的にデザインを試して商品化したところから事業は始まった。
そして1995年にred monkey designsを立ち上げる。
その信念は”High-End"の一語に尽きる。
ハンドクラフトされた高級レザー商品をロスで作る。それも大量生産でなく、お客さんの好みに合わせて、時間をかけてクラフトする。
これこそがハリウッドのセレブたちを魅了したトリーのコンセプト。
このユニークなデザインが、セレブたちの心を掴んだのは、決して偶然ではない。

s
s