日曜劇場『陸王』/缶バッジセット

商品番号:0084629

¥500

(税抜)  

¥540(税込)

個数

1

お支払い方法
 代金引換  クレジットカード が使用できます。
返品区分

番組グッズ&DVD

カテゴリで選ぶ

関連ショップ

オンラインショップ

  • TBSフラワーショップ
  • アニまるっ!

TBSストア

  • TBS STORE
  • TBS STOREブログ

TBSishop モバイル版

スマートフォンでいつでも
簡単にお買い物

<製品仕様>
●セット内容/缶バッジ2種
●サイズ(約)/直径32mm
●素材/スチール合金
●製造/アメリカ

池井戸潤原作ドラマ 日曜劇場『陸王』から缶バッジが登場!

足袋作り百年の老舗が、会社の存続を賭けてランニングシューズの開発に挑む!!
池井戸潤原作 日曜劇場『陸王』から缶バッジが登場です。

劇中で主人公「宮沢紘一」が四代目社長を務める「こはぜ屋」のロゴ入り缶バッジと、そのライバル社となる大手スポーツメーカー「ATLANTIS」のロゴ入り缶バッジ2種のセットです。

とんぼ=勝ち虫(かちむし)の由来

とんぼは勝ち虫とよばれ縁起物であり、前にしか進まず退かないところから、「不転退(退くに転ぜず、決して退却をしない)」の精神を表すものとして、特に武士に喜ばれていました。
とんぼ柄は、戦国時代には兜や鎧、箙(えびら)刀の鍔(つば)などの武具、陣羽織や印籠の装飾に用いられ、現在でも、剣道具や竹刀袋の柄として、「桜柄」と共に用いられることが多いそうです。

勝色(かついろ)について

勝色(かついろ)とは、紺よりもさらに濃い、黒色に見えるほどの暗い藍色のことです。『かちいろ』『かちんいろ』とも言われます。色名の「かつ」は、藍を濃く染み込ませるために布などを搗 かつ(叩くの意)ことからきており、『搗色』『褐色』の字があてられました。
鎌倉時代になると武士たちが濃い藍染の質実剛健さを好み、さらに「かつ」に「勝」の字をあてて縁起色としたのが色名の由来です。ちなみに、日清・日露戦争時の軍服の紺色も『勝色』と呼ばれ、特別に『軍勝色 ぐんかついろ』とされました。
このように勝色は勝利にこだわる武士や軍人に好まれた勇ましい色名といえます。

s
s